インシュリン注射を始める

いよいよ本格的に、そして、きちんと糖尿病治療を始めました。

症状が行くところまで行っていましたので、
それは食事のたびにインシュリン注射をすることです。

ところが、
簡単そうでこれが面倒この上ない。

というのは三度の食事ごとにやらなければならないからです。

例えば、外出先の場合。

もちろん、注射しているところを人に見られたくないので、
トイレなどを利用します。

準備して、注射して、片づけて、
と、まあ面倒なことこの上なし。

そのうち面倒くさくなり、
注射をやらないときも出てきます。

また、だんだん慣れてくると、
おかしなことやってしまうこともあります。

それはインシュリン注射をしたのに、
食事をしないという大間違い。

これは大変危険なことです。

もちろん、糖尿病症状が軽いうちは、
薬だけで治療ができますが、
僕ほどの重傷だと、
もうインシュリン注射しかありません。

さて、さて、これにはいろいろありました。

インシュリン注射とは

まず、インシュリン注射についてお話しておきます。

人が食事をすると血糖値が高くなります。

すると、
それを抑えるために膵臓からインシュリンというホルモンが分泌され、
血液中の血糖値を押さえます。

糖尿病はそのインシュリンの分泌が少なくなるか、
その働きが衰えてきたりする病気です。

そのために、糖尿病がひどくなると、
そのインシュリンを体外から補充しなければなりません。

それが薬であったりインシュリン注射です。

インシュリン注射にはいろいろな種類がある

わかりやすく言うと、
インシュリンにはゆっくり効いてくるものから、
即効型までいくつかあります。

難しい説明は抜きにしますが、
軽い食事の朝食には即効型。

いっぱい食べる夕食時にはゆっくり型を使います。

医者の指示に従って、
僕は朝食時には即効型のR、
夕食時にはゆっくり型の30Rを使っています。

低血糖症状とは

人間は機械ではありませんから、
毎日、三度三度きちんとインシュリン注射をしてきちんと食事をする、
というわけにはいきません。

ある時は食事の量が少なかったり、
あるいは過度に動き回ったせいで、
低血糖になったりします。

低血糖とは文字通り血糖値が下がりすぎることです。

血液中の糖分が少なくなる。

血糖値が下がりすぎるとどうなるか。

ずばり、とてもだるくなり体を動かすのがつらくなり、
それが進むと意識がなくなります。

いわゆる低血糖症。

危険な低血糖症状

インシュリン注射をしたのに、
きちんと食事をしないと血糖値がどんどん下がって、
意識を無くしてしまいます。

皆さんもときどき新聞などで低血糖による交通事故のニュースを、
ご覧になったことがあると思います。

これがインシュリン注射をしたのに、
きちんと食事をしなかった典型的な状態で起こる事故です。

大丈夫と思っていても、
意識がなくなるのです。

僕はそんなときのために、
ポケットに常にブドウ糖など甘いものを持っています。

低血糖になりそうだと感じたら、
すぐにそれらを口に入れます。

低血糖になりそうになる兆候は自分でわかります。

低血糖を放置すると、
時には意識が戻らないこともあります。

低血糖はそれほど危険なことなのです。

僕が経験したのは品川駅でいきなり低血糖になり、
ふらふらしながらコーヒーショップへへたり込んで、
かろうじて何とかなったということがありました。

この時は運悪く甘いものを何も持っていませんでした。

低血糖症の状態で車を暴走させた事故の責任は?

最近、低血糖症の状態で車を暴走させ、
3人に重軽傷を負わせた事故の裁判が行われています。

弁護側は「低血糖症に陥ることは予見できなかった」と無罪を主張。

理由として、
事故前の3年間被告に意識障害が生じていなかった、
としています。

インシュリン注射をしている人なら、
誰でも一度や二度、
必ず低血糖症状を経験しているはずです。

3年間、一度も意識障害がなかったなどありえません。

インシュリン注射をして食事の量が少なかっただけでも、
低血糖症状は起こりえます。

例えば、夕食をそばなどで済ませて、
インシュリンの量をいつもと同じにしていると、
必ず夜の11時ごろ低血糖の兆候が表れます。

逆に、ステーキなどのフルコースなどを食べると、
インシュリンの量は不足しているはずです。

インシュリンが不足した場合は何も感じませんが、、。

インシュリン注射をして、
きちんと食事をとないで車を運転する。

これはもう確信犯です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ