低血糖症の状態で車を運転し死亡事故

昨日、東京都杉並で低血糖症状態で車を運転し、
道路上の警備員の男性をはねて死亡させるという事故が発生した。

運転していた男性は危険運転致死の疑いで逮捕された。

通常の事故よりより重い罰則の危険運転致死罪。

容疑者は自宅でインスリン注射をして糖尿病の治療をしていたという。

そして運転中に意識を失ったらしい。

現場の約2キロ手前ごろから記憶が途切れがちになって事故を起こしたらしい。

インスリンの投与量を誤ったために血糖値が下がりすぎて低血糖症になったという。

日頃からインシュリン注射をしている者からしてみれば、
この言い訳には疑問が残る。

というのは糖尿病患者にとって低血糖になるのは何より怖いことだ。

よって、インシュリンの量を間違えないようにとても気を使っている。

また、注射の後に低血糖にならないように何かを食べないと、
これもまた低血糖になる。

インシュリン注射とその後の食事。

ボクの場合はどちらかというと注射の後の食事の方がおろそかになる傾向が強い。

インシュリンの量を多い方に間違えると食事をしても気を失うことがあるからだ。

一方。注射の後の食事の方は、何かちょこちょこっと食べてすますことがたまにある。

カロリーを考えて食べると言うより、何かを食べたという方に気が行き、
軽く済ませることがあるのだ。

ぼくにも苦い経験がある。

それは、
出かける前にインシュリン注射をして、
急いでいたので食事をしなかった。

そのことが気になっていたので電車に乗る前にあんパンを一つ買って、
電車の中で食べた。

朝のインシュリンの量は少なく、
また、電車の中は座っているのであんパン一つで事足りると考えた。

ところが、電車が目的地の品川駅に着く手前頃からおかしくなった。

そして、降りる時はもうふらふら。

なんとか電車を降りたが、そこから一歩も歩けない。

ホームの上でへたり込んだ。

若い女の子がホームの上で苦しんでへたり込んでいるのなら、
何人もの男性が助けに来てくれるのだろうが、
中年のおっさんが苦しんでいるのを見ても、誰もよってこない。

しばらくへたり込んでいると、
なんとか少し歩けるようになった。

やっとの思いでエスカレーターにのり、
駅のコンコースにあるコーヒーショップまでたどり着き、
そこで何かを食べ、
しばらくしてやっと動けるようになった。

あれ以来低血糖にはものすごく気を遣う。

それでも低血糖になり救急搬送されたことがある。

長年インシュリン注射をしていると、低血糖になる前の兆候がわかる。

それでも予測できなくて救急搬送まで行った。

それは家にいるという安心感があってのこと。

インシュリン注射をして、
ろくに食事をしないで車を運転するなんて
とても怖くてやったことはない。

やれば危険運転致死罪か大きな事故に遭うこと間違いないからだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ