糖尿病の治療費

病気は何でもそうだと思いますが、
治療費がかかります。

特に糖尿病のように完治しないような病気は、
生きている限り治療費がかかります。

そうです。

生きている限りです。

いくら保険がきいてもその額はとても大きいものです。

毎月かかる糖尿病治療費

いったいボクが払っている糖尿病治療費はどのくらいか?

まず、病院代。

要するに診察代ですね。

3割負担で月に約5000円。

糖尿病の場合、必ず血液検査がありますので高くなります。

そして、インスリンやその他薬代が約5,000円。
合計10,000円。

毎月です。

年間12万円。

これが生きている限り続きます。

なにしろ、糖尿病は完治しないからです。

この金額が払えなければ一巻の終わり。

視力が衰えて生活が不便になっただけではなくこの費用。

もうたまりません。

もちろん人によってこの金額は多少増減するかと思いますが、
一つの目安にはなると思います。

とはいうもののコストを下げる方法があります

どんな方法か。

ボクの場合ですが、毎日食事のたびにきちんとインスリン注射をして、
血糖値をぎりぎりですが許容範囲以内に抑えています。

この状態が長く続くと、
「医者の方から毎月来なくていいよ」
とアドバイスされ、
今は2ヶ月に1回いけば良いことになっています。

そうすると、病院の診察代が半分ですみます。

もちろん薬代は変わりません。

だから月に約2500円節約できます。

もちろん、あなたのヘモグロビンA1cが毎月大きく変わるとなると、
2ヶ月に1回とはいきません。

それにしても糖尿病の治療費は大変です。

でも、

もしも、万が一、糖尿病がもっと悪化して、
人工透析にでもなれば、
こんなものではすみません。

そのほかの費用

この毎月の費用のほかに、
ボクには避けて通れない費用があります。

それはあるサプリメント。

どのような症状にどんなサプリメントが効くか、
ということをいうのはこのような場でいうのは禁止されているのでいえませんが、
そのサプリメント代が毎月5,000円。

それに、糖尿病からくる下痢と便秘の症状のために、
胃腸薬は欠かせません。

これは薬局で買うことにしています。

これらを合わせると、
なんだかんだで総費用は年間20万円弱になります。

年間20万円の余裕のお金があったなら、
と思うと悔しくてなりません。

でも、後悔先に立たずですから、
あきらめるしかありません。

今のところ、糖尿病関連外の病気はありませんから、
これですんでいると思うしかありません。

こんなことを考えていると、
あのときこうすれば良かった、
もっと早くきちんと病院へいておけば良かった、
など後ろ向きの考えがどんどん出てきます。

もう今は現状を受け入れて、
なんとか前向きに考えて生きていくしかありません。

それは、

この程度で済んで良かった、

と。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ