薬局に対する不満

病院通いをするとそのたびに薬局にも立ち寄ることになります。

そのとき、いつも思うんですが、
薬局ってどうしてこんなに愛想悪いんだろう?
ということ。

ドアを開けて入って行っても、
いらっしゃいませ、でも、こんにちわでもない。

黙って処方箋を受け取るだけ。

そして、薬剤師らしき人はほとんど上から目線。

薬局について思うことを書きます。

調剤薬局でいだく感じの悪さ

薬局に対する最初の文句は上にも書いたように、
まず、愛想の悪さ。

なんでこうも薬局ってこんなに愛想が悪いんだろう、
といつも思う。

まるで笑顔を見せてはいけないといった感じ。

せめて受付嬢ぐらいは愛想よくしてもおかしくないと思うのだが。

もっとも、受付けがある薬局は少ない。

当然、薬局に来る人は病気できているのだから、
薬局の中は重~い空気が流れている。

そこへ輪をかけるように対応する人たちの感じの悪さ。

用がなければぜったいに行きたくないところです。

薬局は今でも薬九層倍?

もう今では薬九層倍という言葉は死語かもしません。

薬九層倍とは、薬は売値が高く原価の九倍もするという意味から、
薬屋は暴利をむさぼり大儲けしている、
という古くから言われている言葉です。

もう今はそんなことはないと思いますが、
もしかして、と思うこともあります。

それは僕が住んでいる町の開業医のそばには、
必ず薬局があるからです。

それほど多くの患者が来るとあ思えないのに、
よくやっていけるものだ、
と感心します。

家賃や人件費を考えるとそれなりのコストがかかるはずです。

やっぱり薬屋は今の世の中でも儲かるのか。

勘ぐったりしています。

上から目線の薬局

最近は医者でも上から目線はなくなりました。

昔はほとんどでした。

そりゃ「先生、先生」と呼ばれ続ければ、
顎が上を向く向くのは当然かもしれません。

そんな医者の態度も随分と変わりました。

ところが、

薬剤師には、まだ、まだ残っているのです。

この上から目線という態度が。

薬剤師も医者に次ぐ長い教育期間を必要として、
国家試験も受けて、
やっと取った資格ですから、
プライドが高くなるのは当然かもしれません。

でも、それはそれで結構ですが、
そんな態度で応対される側は
あまり良い感じではありません。

少なくとも、こっちは客なんですから。

もう少しなんとかならないものかといつも思います。

あっ、それから薬剤師の中には、
「どこか悪いところはありませんか?」
と聞く人が多い。

この質問って医者が発すべき質問だと思いますが、
なぜ薬剤師ががこんな質問をするのか不思議です。

越権行為だと思うんですが、
考えすぎかなあ?

薬局のはしご

近所には7軒もの薬局があります。

大型のドラッグストアは除きます。

しょっちゅう行く薬局だから、
そのたびに嫌な思いはしたくないと思い、
近所の薬局ををはしごしました。

感じよい薬局を選ぶためです。

どこも似たり寄ったりでしたが、
一軒だけ少しはましだと思われる薬局を見つけました。

それは上場している会社の薬局です。

さすが上場企業です。

最近はそこ一本に決めています。

どこが他の薬局と違うのか。

まず、きちんと受付があること。

そして、その薬局の従業員は他と比べて、
笑顔が見られます。

笑顔が見られる薬局などほとんどありません。

また、その薬局はお薬手帳を渡しません。

薬局で僕のお薬手帳を管理してくれているからです。

お薬手帳って持っていくのをすぐ忘れるんです。

これ助かります。

いろいろ書きましたが、考えすぎかなあ?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ